【大航海時代のおと】

iwahanjiro.exblog.jp

ザビエルと一緒に来たもう一人の神父 コスメ・デ・ト-レス [その6]

a0326062_13292377.jpg
                                  トーレスの故郷バレンシアの司教座大聖堂


前回、[その5]では、モルッカ諸島で出遭ってから日本で共に行動していた間、ト-レスの眼に映ったであろうザビエルの姿を想い浮かべてみました。

それは、以下のようなものでした。
繰り返しになりますが、整理のためにもう一度挙げてみます。


〈ト-レスの眼に映ったザビエルの姿〉


・まるで、現代企業における有能かつ模範的な「新規市場開拓推進責任者」

・海外布教活動が、カトリック教会(修道会)と王室権力とが「教俗一体」体制で進める「国家的プロジェクト」であることを十二分に理解し、自分もその担い手であることを自覚している

・「国家的プロジェクト」の一員として、ポルトガル海洋国家の貿易取引とその利益拡大に積極的に取り組み、その一環として、「堺へのポルトガル商館設置」などの手法を提案し、またその手法を実行する役割を自ら買って出る

・「国家的プロジェクト」に積極的に関わることの延長として、国家利益増大への「貢献者」国王の「能吏」で あろうとする

(ただし、堺商館設置の提案には、国王交付金への依存からの脱却という意図も抜かりなく含まれていた。そして、それは後に、イエズス会自身がポルトガル貿易に深く関わっていくことの伏線となっている。)


それでは、このようなノウハウや考え方をザビエルはいつ、どこで身に着けたのでしょうか。

それは、「イエズス会の歴史」を綴った同名の著書(ウイリアム・バンガ-ド著 原書房)に、「海外宣教」の経緯として記されたものから読み取ることが出来ます。


〈国家プロジェクト要員はこうして作られた〉



1540年9月、イエズス会は教皇パウルス三世から修道会としての認可を受けますが、その半年前、イグナティウスは国王ジョアン三世から海外布教のための宣教師を供出するよう要請され、シモン・ロドリゲスとニコラス・ボバディジャを選抜しました。ところが、ボバディジャが重病に倒れたため、3月14日代わりとしてザビエルを指名しています。

ジョアン三世が、宮廷での二人の生活態度に感銘を受けたため、ロドリゲスはポルトガルで司祭として働くよう留め置かれ、ザビエルは1541年4月、他の二人のイエズス会士と共にインドへ向け送られた、とされています。

ということは、ザビエルはインドへの出発前約一年間にわたって、リスボンの王室で、「教俗一体」体制で進められている海外布教の国家プロジェクトとしての枠組みを、じっくり教育されていたということになります。

そして、国王が感銘を受けたということは、その教育に対する反応が王室にとって「極めて都合よく好ましい」ものだったということでしょう。

つまり、ザビエルはリスボンを出発する時点で、既に国家プロジェクトの担い手であるとの自覚を持ち、国益増大への「貢献者」国王の「能吏」を目指し始めていたと考えられます。


次に、日本でのザビエルの行動が、まるで現代企業における有能かつ模範的な「新規市場開拓推進責任者」言い換えると「海外布教のプロフェッショナル」の行動であったことについて、ザビエルがインドにおいて、どのような経験を積んでいたかを確かめてみることにします。



〈どのような経験が海外布教(新規市場開拓)のプロフェッショナルを作ったか〉


1542年5月のゴア到着から1549年4月日本へ向けて出発するまでの約7年間、ザビエルは殆ど休むことなく布教活動に従事したようです。


1.1542年9月にインド最南端のコモリン岬東岸に至る遠征に出た後、約2年間ペスカリア(漁夫)海岸に留まります。

ペスカリア海岸での活動は、既に改宗していた住民2万人への要理(教義)教育から始める必要がありました。
それは、祈りの仕方や様々な祈りを現地(タミル)語に翻訳し、それを暗記し教える毎日を延々と続けていくことでした。


〈トラヴァンコ-ルの快挙〉


1544年、インド南西部海岸にあるトラヴァンコ-ルで14カ村を巡り、一か月のうちに1万人以上に洗礼を授けた、という話があります。

これには、「キリスト教を受け入れれば、イスラム教徒の掠奪者からポルトガル人が守ってくれることを知った一部の漁民が教会に向かい始めたから」という説明がされています。

また、「ザビエルがトラヴァンコ-ルで1万人に洗礼を授けた」という報告は、国王ジョアン三世をいたく感動させ、国王は、この知らせを各地の教会で発表するように命じ、コインブラで百人のイエズス会士を扶持すること、1546年初頭に、インドに12人を派遣することを取り決めた、とされています。(以上、「イエズス会の歴史」p.35)


まさに、ポルトガル国家の世俗権力とイエズス会という修道会とが「教俗一体」の体制で、その軍事力を活用して、「大量改宗」という偉業をなしとげたという知らせですから、「国家的プロジェクト」の責任者である国王が狂喜しても不思議ではありません。

けれども、わずか一か月のあいだに、現地の言語も充分に習得していない宣教師が、1万人もの先住民を改宗させたという知らせを、信じ込んでぬか喜びする国王の脳天気ぶりをみると、何時の時代も為政者というものは、脳天気でないと務まらないものなのか、などと考えてしまいます。同時に、その国王の脳天気を利用して、まんまと自派勢力の拡大をはたす集団の狡猾さも光ります。

「トラヴァンコ-ルの快挙」はイエズス会にとって、霊的な成功例であるだけでなく、自派の国王権力への更なる浸透と勢力拡大までを実現させるという現世的な成功例であったことになります。

そういう意味で、この成功例は、自分の所属する組織に対してのみならず、パトロン筋にあたる国王に対して如何に自分の活動をアピ-ルすべきかを学ぶ機会にもなり、海外布教プロフェッショナルとしてのザビエルを大きく成長させるものとなったと考えられます。

ただし、ザビエルが聖職者でありながら、「国王との直接のコネクション」を存分に活用していたことと、また「自分の挙げた成果をより良いものに見せる報告術」を持っていたことが、現地のポルトガル人官僚たちや、同じ聖職者仲間のうちにも多くの敵を作ったであろうことは想像するに難くないことです。

[その5]で書いた、日本に渡航するザビエルにマラッカ長官が5.7トンの最良の胡椒を贈与したという件が長官の信仰の深さやザビエルとの友情の篤さを表わす美談として語られることがよくあります。

けれども、現地官僚にとって、国王と直接のコネクションを持ちいつでも自分の頭越しに国王と連絡を取り合いかねないザビエルは、特別の配慮をしなければならない油断のならない相手であった筈ですから、法外に高価な贈与も、別に驚くほどのことではない、とも考えられます。



2.1544年8月から1548年3月まで、ザビエルはモルッカ諸島の布教に従事します。


現地調査、祈りや教義のマレ-語への翻訳、先住民への宗教教育に加えヨ-ロッパ人商人・船員・入植者への宗教的支援/指導に従事し続けたことによる心身の疲労に満ちた三年半であったとされています。


以上のインド国内、モルッカ諸島での布教の経験を通じて、ザビエルは、海外布教において、先住民の言語や考え方や生活様式を理解し取り入れることが必須であるという現地(適応)主義を学び、その正当性を確信したと考えられ、それが彼の日本での活動に反映され、ト-レスにも影響を与えたことになると思います。


3.1548年3月から日本へ向けて出発する1549年4月までの一年余り、ザビエルは宣教活動を整備し組織化するためのいわばデスクワ-クに注力します。

他のイエズス会士たちの処遇と、ゴア、サン・トメ、キイロン、バセイン、ホルムズ他拠点への配置を決定しています。

以上、ゴアに到着してから日本へ向け出発するまでの七年間、ザビエルはインド国内およびモルッカ諸島での布教、インド管区の布教体制の整備・組織化と殆ど休みなく働き続けていたようです。そして、この働きによって、インドを発つときには、既に海外布教(新規市場開拓)のプロフェッショナルとしてのノウハウを完璧に身に着けていたものと思われます。


次に、このザビエルを見て、ト-レスが何を感じ、思ったかを考えていきます。
それを考えるためには、その時、ト-レスがどのような考えを持っていたかを知る必要があります。そこで、問題になってくるのが、ト-レスが司祭になった頃から抱えていたという「不安や苦悩」というものが、何であったかということです。


〈ト-レスが抱えていた不安・苦悩〉



それについて、僅かな頼みの綱である評伝「長崎を開いた人」(ディエゴ・パチェコ著)には、次のように書いてあるだけです。

「しかし彼の心の中には大きな問題があった。『私の心は決して安らかにはなりませんでした。それは何故か、私には解りませんでした』」

そこで、私は、自分が若い頃から長年似たような経験してきたこともあって、彼の心理状態が、現代の若者の「モラトリウム」や「青い鳥症候群」と同じようなものだったのではと考え、[その3]に、安易にもそう書いてしまいました。


〈意外と用心深かったト-レス〉


ところが、今回改めて、ザビエルと出会ってからのト-レスの足跡を辿ってみて、あることに気付きました。
それは、アンボイナで出遭ってからも、ト-レスは、そう安直にザビエルに近付いたわけではないということです。

1546年3月、ザビエルとアンボイナで会った後、ト-レスは5月にそこを去り、ジャワからマラッカへ行き5か月を過ごし、翌年になってからゴアに着いています。そこで、ゴアの司教に認められ小教区を任せられます。

そして、イエズス会経営の聖パウロ学院を訪れ、ザビエルの同僚たちと知り合いになります。それは、まるでザビエルについて何かを確かめるような行動です。

そして、1548年1月下旬に、聖パウロ学院で「霊操」と呼ばれる精神修養に入ります。
それから、3月になって、ザビエルがゴアに上陸し、やっとト-レスはイエズス会に入ります。アンボンでザビエルと出遭ってから、ちょうど2年後のことです。

そこで、私は、ト-レスが実は、とても用心深い人だったのでは、ということに思い当たりました。

そして、同時に、「何故彼がそれほど用心深かったのだろうか」と考えているときに、自分がひじょうに重要なことを見落としていたことに気付きました。それは、「ト-レスはどのような時代に育ったのか」ということです。


〈ト-レスが育った時代は、宗教改革の真っただ中〉


ト-レスの生まれた1510年は、時のロ-マ教皇ユリウス二世が、宗教改革のきっかけとなった贖宥状(免罪符)を売り出す2年前です。
贖宥状とは罪の償いを軽減するという証明書です。

この贖宥状に関して、マルティン・ルタ-が「95か条の論題」を提示したのが、1517年ト-レスが7歳のときです。

そして、ト-レスがバレンシアで司祭になった1534年は、「対抗宗教改革の旗手」イエズス会が、パリのモンマルトルの丘の聖堂で誕生した年なのです。

それから、カトリック教会の刷新と自己改革の原動力となったと言われる、トレント公会議が招集されたのは、1545年3月、ト-レスがビリャロボス艦隊の一員として、南太平洋を彷徨っていたさなかです。

ト-レスの誕生から、司祭叙階、南太平洋彷徨までの経歴が「宗教改革運動」の展開に符合しているように見えます。

そこで生ずる疑問は、彼は若くして司祭に叙階されていることから見ると、カトリック社会の中で純粋培養に近い状態で育成された可能性がありますが、宗教改革運動の動静を日頃の生活の中で感受する機会が本当に無かったのか、ということです。

それは、ロ-マ教皇を頂点とするカトリック教会上層部の腐敗・堕落の情報が、カトリック教国スペインの一地方大都市バレンシアに、全く伝わらなかったということは、あり得ないのではないかということです。

そして、たとえ僅かであったとしても、伝わった情報がトーレスを含む信者や司祭に動揺を与えることがあった、と考える方が自然ではないか、と思うようになりました。

それは、バレンシアの教会の歴史を調べればわかることかも知れません。けれども、仮に記録に残されていなくても、宗教改革に関わる動きが無かった、と断定することも出来ません。それは、教会にとって都合の悪い記録が無視されたり、抹消されたりということが歴史上あったことは、残念なことですが間違いがないからです。


〈対抗宗教改革は教区司祭や信者によって始められた〉


「カトリック教会による対抗宗教改革は『カトリシズムの近代的再興』であった。これは宗教改革運動によって失ったカトリックの勢力圏を奪回し、同時に新たな布教地の開拓と獲得を意味していた。

カトリック教会再興の企ては、一般の在俗信徒や少数の司祭で構成された『信心会』を中心としてはじめられた。とりわけ、一般在俗信徒のカトリック信仰への強い情熱と高まりが、ロ-マ教会を新たに再生してゆくうえで非常に大きな原動力となった。」

(以上、「イエズス会の世界戦略」p.45より)



ここで、「在俗」というカトリック教会に関しては聞き慣れない言葉が使われています。
おそらく、「出家」に対する「在俗」という仏教用語を転用したものと思われますが、一般にカトリック教会に関して使われる場合、「在俗信徒」は「聖職者でない信者」の意味で、「在俗司祭」とは「修道会に所属しない教区司祭」の意味で使われるようです。


ただ、聖職者でない一般の信者は、通常、俗人の生活を送っていますから、それをわざわざ「在俗信徒」と呼ばなくても、「(一般)信者」で意味は通じると思います。

司祭については、修道会に入ることを「出家」と考えて「修道会に所属しない教区司祭」を「在俗司祭」としたのだろうと思います。
(確かに、小学館 西和中辞典には clero secular の訳語として「在俗司祭」が載っています。)

ですが、「教区司祭」は教区の教会に所属していただけで、別に俗人の生活を送っていた訳ではないのですから、わざわざ実態を表わしていない「在俗司祭」などという言葉を使う必要はないのではないでしょうか。

「修道会司祭」と「教区司祭」の違いは、大航海時代・キリシタン時代に限らず、カトリック教会の組織を理解するうえで重要なポイントです。実態と合わず誤解を生みやすい「在俗司祭」ではなく、実態を表わしていて平易な「教区司祭」という言葉を使うべきでは、と私は思います。



さて、上記の引用文の意味は、対抗宗教改革というものが

カトリック教会が、宗教改革によって失った勢力圏を奪回し、同時に新たな布教地を開拓し獲得することを意味し
・教区の司祭や信者で構成された「信心会」を中心として始められたものであった、
ということでしょう。


これによって、宗教改革に対抗するカトリック教会内の動きとして、海外布教の活動が加速されたであろうことと、もうひとつは、ト-レスの故郷バレンシアでも、対抗宗教改革に類する動きが信者や聖職者の間で起こっていたのではないか、ということが考られえます。



〈身の危険が生じることもあった、宗教改革後のカトリック教会内の対立〉


フランスのユグノ-戦争などカトリック対プロテスタントの紛争が血なまぐさい内戦にまで発展したことは、常識になっているかも知れませんが、宗教改革後のカトリック教会内部の改革をめぐる対立も、決して静かな論争だけが行われていた訳ではありません。

例えば、イグナティウス・ロヨラと言えば「対抗宗教改革の旗手」イエズス会の初代総長ですから保守派の権化のように思われている人も多いと思いますが、そのロヨラでさえ教会内の反動勢力の拘束を受けたり、粛清を警戒したりしていた形跡があります。


・1523年
、エルサレムに巡礼後、アルカラ、サラマンカ両大学に在籍し、勉学と同時に宣教活動も始めましたが、アルカラで、異端審問所の疑惑を受け約1か月半監禁されています。

・1537年、ロヨラは、エルサレム巡礼の祝福と仲間が司祭に叙階されることの許可を求めるため、仲間をローマに送りましたが、自分は行きませんでした。これは、ロヨラが企図していたことに反対する有力者による拘束等の危険を避けるためだったと考えられます。

従って、たとえ対抗宗教改革的な活動であろうと、もしト-レスがこれに加わったとすれば、反動派から拘束されたり粛清されたりする危険性は充分にあったのです。


〈ト-レスの心の問題とは、実はこれだった〉


ト-レスが司祭に叙階された後も、教区司祭の職に就かず、約4年間教師を勤めたすえ、メキシコに旅立った理由として、評伝「長崎を開いた人」は「彼の心の中に大きな問題があった」として、それが彼自身の内面の問題であるかのように書いています。

けれども、私は、今まで見てきたことから、彼が育った時代と置かれた環境こそ、問題だった筈だと考えるに至りました。


際限なく露呈していくカトリック教会上層部の腐敗・堕落の実態、それに対する宗教改革・対抗宗教改革の動き、カトリック教会内部の改革をめぐる対立、その対立による粛清や拘束等の具体的な身の危険等々の中で、たとえ改革について自分なりの意見があろうと、トーレスにとって、まず必要なことは沈黙を貫いて自分の身を守ることだったのではないか、と私は考えます。


そういう状況の中で、ト-レスは教区司祭の職には就かず、語学教師(おそらくは、神学校またはカトリック系の学校の)として働きながら、既に司祭として叙階された以上は「神と信者に奉仕する司祭の本分を果たしたいと考え、そうするにはどうすれば良いか」を、きっと考え続けていたことでしょう。



実は、「イエズス会の歴史」(ウイリアム・バンガ-ト著)p.14にも、会士について似たような表現があるのを見つけました。

それは、イエズス会創設メンバ-七人のうちの一人ピエ-ル・ファ-ヴルに関する表現で、「イグナティウスと出会ったとき、ファ-ヴルは疑悩と誘惑から来る深い内的な苦しみを抱えていたうえ、召命について決めかねて悶々としていた。」という部分です。

評伝「長崎を 開いた人」の著者も、このウィリアム・バンガ-トもイエズス会士ですから、これがイエズス会士の内面的苦悩を表わす常套句なのかも知れません。

それと、特にこの時代には、自分の考えを語ることは、その考え方がプロテスタント的であるとか、異端的であるとか言われて攻撃される危険が高かったと考えるべきなのだろうと思います。その危険を避けるためには、このように「自分が抱えている問題は内面的な悩みだ」とする方がより安全だと考えた故にこういう表現を使ったのではないか、とも私は考えています。

後に、この時代の自分の精神的な状況を説明する際にも、ト-レスは同様の表現をしているようです。たとえ、イエズス会の内部であっても、安全な表現を使って余計な嫌疑がかからないようにしていたのでしょう。そういう点にも、ト-レスの用心深さが表れているように思います。


〈ト-レスはなぜメキシコに行き、なぜそこを離れたか〉


そして、その問題の解決策として浮かんできたのが、上記「イエズス会の世界戦略」からの引用文にも「新たな布教地の開拓と獲得」として挙げられている、「海外布教活動」だったのでしょう。


「国をあげて新大陸の開発に乗り出そうとしていたちょうどそのころ、スペイン人は、ルタ-の宗教改革に刺激されて、腐敗のきわみにあったカトリックを内部からたてなおそうとする、反(対抗)宗教改革のまっただ中にあった。

この(対抗宗教)改革に情熱を傾けていた一部の聖職者は、新大陸の発見のうちに、神の啓示を感じとった。・・・ところが、燃えるような志をいだいて海をわたってきたかれらが眼にしたのは、スペイン人植民者に奴隷におとしめられ、痛めつけられ、あえぎながら死に絶えていく先住民の、目をおおうばかりの惨状であった。」
(幻の帝国 南米イエズス会士の夢と挫折 伊藤滋子著 同成社)p.10~11


ト-レスの場合は、「燃えるような志をいだいて、海をわたった」という感じはしませんが、内部からのカトリック立て直しの一環である海外布教に活路を求めて、メキシコへ渡航したことは確かでしょう。

そして、上記の引用文の通り、スペイン人に搾取された先住民の惨状を目にして、そこが自分の聖職者としての本分を果たせる場所ではないことを悟ったのでしょう。

ト-レスの人柄に惹かれて、慰留してくれる植民地官僚の家族がいたにしても、自分がメキシコへ来た動機を考えれば、その住込み司祭の話に乗れる筈もありません。


〈ビリャロボス艦隊に乗り組んだのは、未踏の土地で司祭の本分を果たすことを期待したから


そこで、スペインにとってほとんど未踏の土地である南太平洋に向かうビリャロボス艦隊に乗り組むことにしたのでしょう。
もし、艦隊が新たな征服地を発見すれば、そこが福音を伝えるべき布教地となることまで考えてのことだと思います。

ところが、ビリャロボス艦隊はメキシコへの帰路捜索に失敗し、南太平洋を彷徨(さまよ)ったあげく、モルッカ諸島でポルトガルに投降しました。ただ、そのおかげで、ト-レスはザビエルと出遭ったのですから、人生どう転ぶか分りません。


以上、ザビエルに出遭うまでのト-レスは、故国での語学教師、メキシコでの生活、ビリャロボス艦隊を経験しながら、スペインから南太平洋までを12年間にわたり点々と移動してきました。それは、おそらく、ただ「神と信者に奉仕するという司祭の本分を全うする生活を求めて」のことだったのでしょうが、そのささやかな期待は裏切られ続けました。

そういうト-レスの目にザビエルはどう映ったでしょうか。


〈ト-レスの目に映ったザビエル〉


まず、カトリック司祭でも、それまでに会ったことのないタイプですから驚いたでしょう。
そして、海外布教事業についてのザビエルの意欲や知識の水準が桁外れに高いことについて驚くとともに、それが一体どこから来るものか疑問をもっただろうと思います。最初の出遭いは、そんな反応で終わったかも知れません。


カトリック教会内の改革的な事柄についても、海外布教についても、散々失望を味わってきたト-レスが安直にザビエルに接近していかなかったことは、既に書いたとおりです。


従って、ザビエルから誘いはあったかも知れませんが、用心深くなっていたト-レスは、自分でインドのゴアへ行き、そこで教区の司祭として採用され、徐々にイエズス会に接近しザビエルから受けた印象が本物であるかどうかを自分で確かめていきます。


1548年3月
、ザビエルがゴアに戻り、約1年をかけて日本への渡航を準備しますが、海外布教事業が「教俗一体」体制で進められている国家的プロジェクトであることや、ザビエルがその一翼を担おうとしていること、またザビエルが国王・総督・長官などと直接のコネクションをもっていることなどをト-レスが知ったのはこの時期かも知れません。

それを知ることによって、トーレスはザビエル対して当初抱いた疑問の答えを得ただけでなく、自分がメキシコで失望を味わったものとは全く違う次元で進められようとしている海外布教に希望を感じ、またそこでザビエルが主導的な位置を占めようとしていることも知らされたと思われます。


ト-レスは、宗教改革の動揺の中で消えかけていた「神と信者に尽くすという、司祭の本分」を果たすために、海外布教の道を選んだわけですから、やっと自分が望んだことが実現される可能性を感じられたことになります。


ト-レスがこういう感激を味わうことができたとすれば、その後、日本での布教において、彼がザビエルの意図を尊重しその指示を着実に実行していったのは、ある意味で自然なことであり、単に彼が従順な性格だったからなどという理由からではなかったことも当然のことです。



〈おわりに〉


1.
若い頃のト-レスが抱えていた不安とか苦悩とは、実は、「宗教改革に揺れ動くカトリック教会への不信感」であり、ト-レスは、ザビエルの中に、その不信感を乗り超えるための答えを見出したのではないか、という解釈は、今回この記事を書き出した時には、思いもよらなかったのですが、ザビエルの行動を見直していたときに思い付いたものです。


実は、不安とか苦悩の原因として、彼が新キリスト教徒(改宗ユダヤ人)の家系の出身であったという解釈を考えたこともあります。

イエズス会の重要人物の中に新キリスト教徒の家系出身者は決して珍しくはないようです。

例えば、創設時の七人のメンバ-の一人で、第二代総長となった、ディエゴ・ライネスがそうですし、南米大陸のカトリック教会史上の重要人物の一人と目され、『インディオ救霊論』『新大陸自然文化史』の著者としても知られている、ホセ・デ・アコスタも「母方が、新キリスト教徒の家系に属する可能性が大である」(「スペイン帝国と中華帝国の邂逅」平山篤子著)とされています。

けれども、ト-レスについて、根拠のないまま、そういう解釈に頼ることは安易過ぎる気がしたので止めておきました。



2.
今回、この記事を書くことによって、確かにザビエルが、卓越した頭脳と強靭な意志を持った類まれな人物であったらしいことは、理解させられたような気がしますが、また同時に、知れば知る程、安心して付き合えない油断のならない面も持っていた人ではないかと思うようになっています。

そのザビエルの「油断のならない面」は、新興の修道会であるイエズス会を自らの海洋帝国構築に利用しようとした国王権力側の人たちも、それに乗じて自己の勢力の復活と拡大を果たそうとした教会側の聖職者たちさえも、感じていたかも知れない、と私は思います。


一方、ト-レスについては、当初は、自分の意思のはっきりしない、理由もなく従順な人物という印象を持っていました。けれども、「ただひたすらに、司祭としての本分を尽くしたい」という謙虚な願いを守り通すことによって、図らずもスペインから日本までの壮大な軌跡を辿ることになったという人物像が浮かび上がってきて、親近感と尊敬さえ感じられるようになっています。


常に脚光を浴び続けるザビエルに対し、あまり顧みられることのないト-レスについて、何かがあったはずだと考え、ひとつの解釈(仮説)を思い付いただけのことですが、それはそれで、結構楽しいものです。


3.
私は、ト-レスについて、ずっと以前から、ザビエルと一緒に来た神父がいたことと、その人について書かれた本があることは知っていたのですが、ザビエルに関心がもてなかったことから手が出せないでいたところ、偶然、山手線・恵比寿駅前の古書店で、その本「長崎を開いた人」をみつけたのです。15年ぐらい前のことで、勤めていた会社の支店訪問をした帰りでした。

その古本屋さんには、なぜかキリシタン時代関係の良い本が置かれていました。でも、値段がちょっと高めだったような記憶があります。あのお店は、まだあるのでしょうか。その後、その本がこんなに遠いところまで随いてきて、ついに役立ってくれたという訳です。


著者のディエゴ・パチェコ氏は、結城了悟という日本名を持つイエズス会司祭でありキリシタン史家です。したがって、当然のように、書かれていることに(書く以前に考えていることに、かも知れません)イエズス会司祭としての限界があります。

少し残念なことですが、それは、また、「日本史」の著者ルイス・フロイス以来の伝統でもあります。

そして、著者パチェコ氏や翻訳者佐久間正氏の尽力が無ければ、ト-レスについて私たちが知る手掛かりは他には殆どないのですから、大いに感謝すべきことでもあるのでしょう。



4.
また、とかく賛美・崇拝されることが多く、そういう言辞に接するたびに、その存在が遠のいていくように感じていたザビエルについて、自分なりのイメ-ジがもてるようになったことは収穫です。


全くの私事ですが、ザビエルは私の父親の霊名であり、父がザビエルを尊敬していると言うのを聞いたことがあるような気がします。以前書いたことがあるのですが、私は自分の父親と本当に腹を割って話をするという経験を持てませんでした。

そのため、今回ザビエルについて、自分なりに納得できるイメ-ジが持てたことで、父親との繋がりを少し感じることができたような気がしているのです。思い出す父親は、誰にも理解されず歯を食いしばって生きていたような人でした。こういうことで、せめてもの鎮魂になれば嬉しいのですが。



〈完〉



[参考図書]

イエズス会の世界戦略                 高橋裕史著 講談社メチエ
イエズス会の歴史            ウイリアム・バンガ-ド著 原書房
長崎を開いた人-コスメ・デ・ト-レスの生涯-パチェコ・ディエゴ著 中央出版社
幻の帝国 南米イエズス会士の夢と挫折         伊藤滋子著 同成社
スペイン帝国と中華帝国の邂逅 十六・十七世紀のマニラ 平山篤子著 法政大学出版局














































[PR]
Commented by うすいさおり at 2015-11-06 17:18 x
わたし、うすいさおりは、ほかの宗派を批判し、間違えた文章をそのまま、ブログに載せました。
ここに、懺悔いたします。
Commented by 千代丸 at 2015-11-12 13:22 x
この本が翻訳されるといいのですが。
The Jesuit Order as a Synagogue of Jews

常套句と言えば、家系を詳述せずに「この人物は貴族の生まれで」とのみ言及する紹介文は、
当時のスペインでは新キリスト教徒出身者の実際の出自を誤魔化す時の決まり文句だったみたいです。
(Teresa de Avila など、その実例は枚挙にいとまがない)
Commented by GFauree at 2015-11-12 15:08
コメント有難うございます。凄い広がりがあって、奥行きも深く、これまでにも随分議論されているポイントなんですね。
by GFauree | 2015-10-21 05:22 | ザビエルとト-レス | Comments(3)