知事と総督

a0326062_08203891.jpg
                                (撮影 三上信一氏)




スペイン語で、知事は gobernador civil、総督は gobernador generalで、どちらも gobernador です。
英語では governor ですから、スペルが少し違います。


過去の記事の中で、16世紀にスペイン本国からフィリピン総督として派遣されたゴンサロ・ロンキ-リョ-が、在任期間中の立場を利用して個人的蓄財のために如何に涙ぐましい努力を払ったか、を書きました。(http://iwahanjiro.exblog.jp/22266378/



総督と言えば、「日の沈むことなき」(つまり、全世界的に展開した)スペイン帝国の植民地官僚トップとして本国から派遣された超エリ-トでした。そういう立場にある人物の、いじましいというか、恥知らずな金儲け主義が印象に残っていましたので、今回の東京都知事の話に触れて同じく gobernador と呼ばれたそのフィリピン総督を直ぐに思い出しました。


ただ、今回問題となった都知事は、在任期間にその立場を利用して金儲けを図ったというより、知事としてやたらな贅沢(貧しかった子供の頃からの夢を実現したかったのでしょうか。だとすれば、同じ貧乏人出身同士として気持ちは少し分ります。)をしていた以外に、政党に交付された政治資金を個人の中古車・旅行・飲食・趣味に流用していた(何だか、わずかな役得を手に入れたサラリ-マンがやりそうなことです。このやり口には、私も含めて身に覚えのある人は少なくないのではないかと思います。)のが発覚してしまったという何とも情けない話です。


そういう観点から見ると、献金まがいの5千万円を「(相手が)良い人だなと思って」受け取ったと答弁して辞職した前知事の方が、「大航海時代」のフィリピン総督にまだ近いかも知れません。気が付いたことは、フィリピン総督の場合は地位を利用して積極的に個人的利益・資産の拡大を追求したけれど、現都知事はそんな積極性は持ち合わせず、個人的(生活費的)費用負担の圧縮をひたすら追求していたという違いがあることです。確かに、利益を出して個人資産を増やすには、収入を増やす以外に公的なお金を使って自分の費用(支出)負担を減らすという方法もあるんですね。


知事とか総督とかのある程度の経済的影響力や妙味を期待できる地位に就こうとする人の半分以上は、こういう性向を持った人たちだ、と考えたほうが間違いがないと私は思うようになっています。


一時期まで、多くの社会的地位には物質的な役得というものが付いていて、それを精一杯利用する人が多いということをもっと若いうちから知っていれば、などと考えたものです。ですが、この頃は、若いうちにそんなことを知らないで良かったと思っています。それは、私のように心の弱い者は、今回の都知事のように、自分が狙った役得や利権を手に入れたりすれば、それに有頂天になってとんでもない恥知らずな失敗をする可能性が大いにあったことが分ってきたからです。



次回は本題に戻ろうと思っています。







[PR]
Commented by taijun kotaki at 2016-06-30 06:30 x
「権力の甘い誘惑」という言葉を思い出しました
とろけるような、心地よさだとか。
一度味わってみたい気もしますが、魔薬のようなものなのかもしれませんね。

アメリカ合衆国の新聞に「せこい」と書かれたといいますが、
これは、一言でよく、国民の心情を表現しているかもしれませんね

誰もせこいけれど、力を行使する人には、それを自制してほしいですよね

……私も自信ないですけどね。…権力に無縁でよかった。
Commented by GFauree at 2016-07-02 04:10
「せこい」方法を思い付いたときの本人や家族の様子が目に浮かぶようです。「精査」とか「第三者」とか、もっともらしい言葉を使っていましたが、それで何とかやり過ごせると思ったのでしょう。(ついでに、弁護士という仕事の性質も今回露わになりました。)とにかく、教訓の塊みたいですね。
by GFauree | 2016-06-17 12:12 | Comments(2)

南米ペル-の首都リマに暮らす団塊世代男が、「大航海時代」とそれ以降に展開された歴史について、思うところを綴っています。カテゴリ-の欄に、過去の記事を、テ-マや人物ごとに分類しています。ご自分の興味のあるカテゴリ-を選んで読んで頂ければ幸いです。