日本語個人教授のその後

                                    
a0326062_11015376.jpg
                       
                                          (写真撮影 三上信一氏)



私が日本語を教えるようになってから、もう5年が経った。
ある国立大学の経済学部にアジア諸国研究のグル-プがあって、そのグル-プの学生たちが主催する日本語講座をやらせてもらったのがきっかけだった。講座は週1回(4時間)で6か月間、と言っても大学のストライキなどもあったから20回ほどである。


物珍しさで生徒が集まった


この国に暮らす日本人は、たいてい官公庁・大企業の駐在員か、考古学研究者か、ジャ-ナリストか、若い頃から当地で仕事をしてきた方である。私のように、定年まで日本で働いていたような者はまず居ない。

ずっとサラリ-マンをやっていた普通の日本人から日本語を、それも無料で教えて貰える機会というのが珍しかったからだろう。学生グル-プがfacebookで募集すると150人以上の応募があり、それを40人に絞って貰った。自分がやる以上、6か月間の最後には出席者はほとんどいない、なんていうことになって欲しくなかったからだ。


「日本語を教えてくれ」というのは、「友達になりたい」ということ


この国に来て意外だったのは、よく日本語を教えて欲しいと 言われることだった。ところが、こっちがその気になってもなかなか具体的にならない、始めてもすぐにやめられてしまうのがほとんどである。そのうち、「日本語を教えてくれ」というのは「日本人であるあなたと友達になりたい」という意味の挨拶代わりの言葉だということが分かってきた。

そもそも、私自身、日本語教育を正式に勉強したこともないのだから、それを教えるなどということはおこがましい。それに、変に期待させ責任を負わされるのも嫌だったから、そういう話は断っていた。が、その日本語講座の話は期間限定で責任もなさそうだし、アジアに興味を持っている学生たちというのが面白そうなので引き受けた。

講座の方は結果として、約半分の生徒は最後まで残ってくれたので、私としてはそれで充分だった。初歩的な事しか教えられなかったが、私にとっては、学生たちを通してこの国の一面に触れることのできる新鮮で楽しい経験だった。



ここから先は、今はもう教えていない二人の生徒Aさん、Bさんのことをお話ししようと思う。
二人とも上に述べた講座の参加者であり、女子であり、日系人ではない。



Aさんのこと


Aさんは、大学での講座に参加していたある日、思いつめたような表情(後で分ったことだが、この人は緊張するとそういう表情になる)で、その講座以外にも教えて欲しいと言ってきた。彼女が予習をしてきて、教えたことは完全に覚えていて、答えられるような生徒だということは感付いていたから、講座の内容にあき足らないのだなと私は思った。

彼女はその時点でもう読み書きもかなりできていた。彼女が幼い頃、ペル-人男性と結婚した若い日本人女性が家の近くに住んでいて、近所の子供たちを集めてボランティアで日本語を教えてくれたのだそうだ。その先生は、予習・復習とかを含めて勉強の仕方もきっちり教えたらしい。そういう教え方をしたという先生にも、またその教えを身につけた彼女にも私は感動した。先生と彼女の努力が無駄にならないようにしなければと思って、講座以外に教えることにした。

講座が終わった後も、彼女は大学での専門を生かした勤めをしながら、3年間私の家に通って来て日本語の勉強を続けた。
一年前日本に行き、高校時代から付き合っていた日系人の男性と結婚して、日本に住んでいる。
よほど以前から、それを決めていたのだろう。だから、日本語学習もあんなに一生懸命だったのだろう。
そう言えば、日本語能力試験の準備としてやらせたテストの結果に悔しがって泣き出して、私を慌てさせたことがある。

Aさんは、時々私とか妻に連絡をくれる。引っ越しをしたとか、正社員になったとか、日本語の勉強をまた始めたとかである。
私も妻も彼女に日本で幸せになってもらいたいと思っている。だから、少し心配になることもあるし、連絡を貰うととても嬉しい。


Bさんのこと


Bさんは、大学の日本語講座を主催したグル-プの幹事で運営責任者の一人だった。冒頭に書いたように大学のストライキで講座が急に潰れることもあって、運営責任者の学生に頼らねばならないこともあったのだが、いざとなると「そんなこと、私は知らない」などと平然と答える責任者もいた。(そういうことは、この国では普通なのだが)そんな中で、彼女はいつも最後まで責任を果たしてくれた文字通り有難い(つまり、なかなかいない)存在だった。

だから、講座が終わって何か月か経ってから、また日本語を習いたいと言って来た時は私も妻も喜んだ。というのは、講座を終始手伝っていてくれた妻も、Bさんの責任感のある態度に感心していたからだ。そしてBさんも、3年間、週2回私の家に通ってきた。

時間に遅れてはいけないし、早く来ては迷惑だと思ったのか、いつも少し早く来てアパ-トの建物の前で待っていて時間通りに現われたのも彼女である。質問されて、私が明確に答えられないときに彼女は「これが試験に出たらどうするのですか」と言って怒った。

よく予習をしているからなのか、注意深いのか、習った表現の例文をつくるのがうまい。すぐに、上手な例文を作って笑わせる。例えば、「~は、まだまだです」という表現の例文を作れと言ったら、すぐに「あなたのスペイン語は、まだまだですね。」と返された。

私に日本語を習っていた間も、より良い条件の仕事を狙って何度か転職し、経済関係の官庁に勤めるようになってからは、さすがに日本語を習っている時間も体力もなくなって、習いに来ることも出来なくなった。聞いていると、その官庁勤めはかなりハ-ドである。

それでも、時々挨拶代わりに連絡してくる。そして、妻と私に食事を奢ってくれる。それは、言いようもなく嬉しい。
就職した子供に奢ってもらう親はこんな気持ちなのかとも思う。


私が学んだこと


Aさんも、Bさんも本当によく勉強してくれた。そして、今でも何かと連絡をくれる。
そういう経験を通して、私も色々と学ばせてもらった。
そのひとつに、若い人に何かを教えると、教えた事柄だけでなく相手のその後が気になり、心配になるということがある。
だから、どんなことでも時々連絡してくれると、それだけで嬉しくなるのだ。

そこで、私は自分の小学校・中学校時代の先生たちも同じように考えていたのかも知れないということに気が付いた。それなのに、私はつい最近までそのことに全く思い及ばず、先生たちには失礼のし通しだった。そのことが今更ながら悔やまれる。全く、後悔の種は尽きない。

今教えている生徒は二人だけだ。その二人については、またの機会にお話したい。


〈おわり〉














                                                    

[PR]
by GFauree | 2017-02-26 14:25 | 日本語個人教授 | Comments(2)

日本語教室の遠足



a0326062_14040536.jpg



日本語能力試験と妻の誕生日

当地で日本語能力試験が行われるのは年一回、12月第一日曜日だけです。
今年も、私の4人の生徒のうち3人が受験しました。

そこで、一昨日、その慰労会と妻の誕生日祝いを兼ねて、リマ市内の港町カジャオまで、恒例の遠足をしました。メンバ-は、私の日本語の生徒のうち3人と、妻が面倒をみている小・中学生2人、それに妻と私の計7人です。


アブない小型バスで

10時に私の家に集合、まず家のそばから、小型バスに乗ります。この小型バスが結構アブないので少し緊張が必要です。以前のことですが、アブなそうな人たちが乗って来たので妻の指図に従って急いで乗り換えたことがありました。

小型バスで、30分ぐらいで現地に到着します。それから、湾内遊覧のボートに乗り、戻って来てから、岬の突端のレストランで食事です。


ボンヤリしていると食べ物がなくなる

生徒たちは、なま魚に塩・レモン・にんにく・しょうがで味付けしてたまねぎ・ともろこし・さつまいもの仲間を添えたセビ-チェという刺身のサラダみたいな料理が好きですが、私は安全な魚介類の揚げ物専門でビールを飲みます。当地には、クスケ-ニャという、そんなに高くはないけれど世界最高水準の味(と私は信じております)のビ-ルがあります。

生徒たちは、ものすごい勢いでセビ-チェや、魚介類入りチャウファ(当地ではチャ-ハンのことを、チャウファと呼ぶのです。この方が“焼飯”の中国語読みに近いかも知れません。)を平らげていきます。どれも、コレステロ-ル値の上がりそうなものですが、ためらっている暇はありません。どんどん手を出さないと、食べるものがなくなってしまいます。それに、若い人たちと一緒だと、不思議に食欲が湧いてくるのです。


憎まれ口のおしゃべり

そして、食べ物が一段落しても、おしゃべりは続きます。だいたい、私に対しては考え方が自分(男性)中心だとか、趣味が古いとか、妻への愛情表現が足りないとか憎まれ口で終始します。ふだん、日本語を習う時に痛めつけられている(と思っている)ので、逆襲しているつもりなのでしょう。私は、もう酔っぱらっていますから、なにを言われても楽しく聞いています。自分の子供と孫の中間ぐらいの年頃の生徒ですから可愛さしか感じないのです。

日本は男尊女卑かもしれないけど、この国だって本当は一般的・伝統的にマチスモ(マッチョというのはオスのことです)と言われている男性優位の社会じゃないか、とか理路整然と言い返したりしなければいけないのかも知れませんが、彼らの親だって私と同じようなものだろうと思うと、もう面倒くさくてどうでも良くなってしまうのです。


日本語を教えるようになったきっかけ

私が日本語を教えるようになったきっかけは、アジア経済専門の先生が6か月間台湾へ出張することになり、彼が指導している学生グル-プ主催の日本語講習会を任せてもらったことです。

6か月と言っても、週一回3~4時間で、大学の閉鎖(ロック・アウト)もありましたから、確か20回しか出来ませんでしたが、それは私にとって、新鮮で楽しい経験でした。サラリ-マン生活の終わりの頃、新入社員の研修をやらせてもらったときのことを思い出しました。若い人が自分の話を一生懸命聴いてくれるというのは、それだけで嬉しいことです。妻が、全ての講習に立ち会ってくれて、学生とのコミュニケ-ションをとってくれたことで、私も学生たちも大いに助けられたという面もありました。


安全上の問題

先にロック・アウトと書きましたが、約50年前の日本の「大学紛争」をちょうど思い出させる事態が何度かありました。そして、改めて気付いたことは、大学というのは警備上、実に無防備な造りになっている場所だということです。私が講習会をさせて貰った国立大学には語学センタ-があって、そこに、中国も韓国もボランティアの自国語教師を派遣・駐在させているようですが、なぜか日本からの派遣はありません。私は、おそらく安全上の理由からではないか、と思っています。


勇気と責任感のある学生たち

もうこれで、日本語を教えるのも終わりだと思ったとき、二人の学生が続けて教えて欲しいと別々に言ってきました。二人とも明らかにいつも予習・復習をしてくる生徒です。彼らにとって3種類も文字があり、語彙も文法もヨ-ロッパ言語と全く違う日本語がいかに難しい言語であるかを改めて推察していた私は、それを敢えてもっと学習したいという学生の希望を無視できませんでした。

問題は場所です。ここは、安全な場所を経常的に確保するというのが難しい土地柄です。私の家の在る所は別に危険な地域ではないのですが、近所の2カ所のスタ-・バックスが昼間強盗に襲われて、客全員のパソコンが強奪されたということがありました。私の家でやってもいいのですが、週2、3回でも2~3時間必ず誰かが来るというのは、しんどいことです。女子ですから、妻に家にいて貰わなければならないという面もあります。

結局、妻が快く引き受けてくれて、それが今まで続いてきたのです。生徒たちも、どちらが実権者であるかをよく解かっているので、妻への配慮に抜かりはありません。そこが、この国の若い人がしっかりしていると言うか面白いところです。その結果、皆私とより妻と仲がいいのです。うちに来る生徒は、その後二人増えました。

或る時、あまり時間通りに来るので不思議に思っていて、偶々外に出たところ一人の生徒が私の住んでいるアパ-トの玄関で待っていたのです。日本人が時間にうるさいのを知っていて、遅刻しないようにそうしていたのでしょう。


巣立って行く生徒たち

その後、順調に勉強してくれた生徒たちですが、大学で講習会をしてからもうすぐ四年になるのですから、当然、彼らの境遇も変化していきます。大学を卒業し仕事を持つようになると週1回私の家へ来ることさえも難しくなってきました。金融関係の官庁や国立の図書館に勤めたり、スポ-ツ・ジムや空手道場を経営したりしているのです。

境遇も趣味趣向も、したがって目指すところもひとりひとり驚くほど違います。それで、私はただ、将来何かの形で彼らが努力し勉強してきたことが役立って欲しいと願うことにしています。

ある生徒は、早く結婚して子供を持ちたいそうです。その理由は、少しでも社会を良くしていきたいという自分の希望の協力者になって欲しいからだそうです。(そのくらい、この国の実態は問題が多く、せめて自分の子供という味方が欲しいという意味でしょう。)また、ある生徒は、日本の武道の考え方を本当に理解して、空手を教えたいそうです。

私は、彼らが自分の子供や生徒に何かを教えるときに、この日本語学習の経験から滲み出るものが何かあればいいなと思うだけです。
これから、また生徒を採って一から日本語を教える勇気は、今はありません。



(おわり)









[PR]
by GFauree | 2015-12-23 05:16 | 日本語個人教授 | Comments(0)





a0326062_22101227.jpg


                                         (写真撮影 三上信一氏)




12月に行われた日本語能力試験の結果が出ました。

私の4人の生徒たちも、この試験を受けました。合格した人も、合格できなかった人もいます。

3年前、日本語を教え始めたときは「日本語能力試験」には関わらないつもりでした。

ひらがなの読み方・書き方から始めた自分の生徒たちが試験を受けるようにまでなるとはとても想像できなかったし、また変に期待させてはいけないと思ったからです。

でも、生徒たちが予想以上に頑張って続けてくれるのを見るうちに、「試験」という具体的な目標があった方が良いのではないかと思うようになり、生徒に話すと積極的な反応でした。

受験させる以上は、それなりの準備が必要です。
日本から受験用の参考書や問題集を取り寄せて、復習の授業をしたり模擬試験をやらせたりしました。

ですから、合格が判ったときの嬉しさはひとしおでした。
けれど、私がもっと嬉しかったのは合格できなかった生徒の反応です。

私の4人の生徒のうち3人は、もう大学を卒業して働きはじめたか、大学に行きながら働いている人です。ですから、私のところに習いに来るときはかなり疲れているのが分ります。それに、予習していないのが分ると私の機嫌が悪くなるのを知っているので予習もしてくるのです。なぜそこまでして日本語を習うのかと言えば、「自分の将来の一端を日本語に賭けているから」ということだろうと私は考えています。

新しく始めた仕事がたいへんだったり、個人的につらい事情があったりしているのをこちらも感付いていて「休んでもいいよ」と言いたくなる時もありますが、それは言えません。せっかく本人が頑張っているのに水を差すわけにはいかないからです。

それで、私は日頃から生徒たちに「それぞれ、人によって事情が違うのだから結果は問題にしない。どれだけ努力しているかだけを問題にする。」と言って来ました。

今回合格できなかった生徒については、もうこれでやめてしまうのではと心配していました。ところが、私が日頃言っている言葉をもちだして、まだ続けると言ったまま、そのあと何事もなかったように通って来ています。

私は、困難な条件のために思わしい結果が出ないままやめないでくれたことで正直なところほっとしました。でも、ほっとする以上に、私が言って来たことを正面から受け留めてくれたことが分って嬉しい思いをさせて貰ったのです。

仕事でかなり疲れているのに勉強をしに来る生徒たちに感心している私に、妻は「この国の若い人はそういう人が多いから」と当然のことのように言うだけです。









[PR]
by GFauree | 2015-03-04 15:37 | 日本語個人教授 | Comments(0)

南米ペル-の首都リマに暮らす団塊世代男が、「大航海時代」とそれ以降に展開された歴史について、思うところを綴っています。カテゴリ-の欄に、過去の記事を、テ-マや人物ごとに分類しています。ご自分の興味のあるカテゴリ-を選んで読んで頂ければ幸いです。