a0326062_08545731.jpg
                    (写真撮影 三上信一氏)







前回、「『ペトロ岐部カスイ』が1615年の出国前に、既に相当な困難を経験しそれを克服することが彼の強靭な人格を形成していったのではないか」と書きましたが、
それを、これから3回にわたって、幼少期・セミナリオ時代・同宿時代に分けて説明させて頂きます。


1.幼少期


(1)バテレン追放令の影響


・彼の生まれた1587年に、豊臣秀吉がバテレン追放令を出すと岐部一族の主君にあたる大友義統(よしむね)は棄教し、家臣・領民にたいしても棄教を命じています。

これに対し岐部の父親は「その2年後、一族の領袖 岐部左近太夫の妻の受洗を助けた」との記録があることから棄教の命令に従わず、その13年後に岐部がセミナリオに入学していることからも、父親自身の信念が変わることはなかったと考えられています。


・実は、この追放令は南蛮貿易を維持したかった秀吉自身の「見て見ぬふり」によって実態的に緩和されます。しかし、緩和されることはあっても撤回されたわけではありません。

この時から、キリスト教が最高権力者によって布教を禁じられる宗教となったことが、信者であり続けようとした人々に及ぼした影響は見逃すべきではないでしょう。

私は、岐部親子と 主君の命令に従順に従った周囲との間の緊張が次第に強まり、公式には許容されていないキリスト教の信者であるゆえの周囲からの圧迫も増していったのではないかと想像します。



(2)主君 大友義統の改易と石垣原の敗戦の結果



・これに加え、1593年主君大友義統が秀吉によって改易され、岐部一族は所領を失い近辺に土着して農業に従事するに至ったと推測されています。岐部父子はそれまでの信教に起因する周囲との緊張に加え、これ以降は自ら食住を確保していかなければならない生活上の苦労も増していったと思われます。


・さらに、1600年 関ケ原の役の後、大友義統が石垣原の合戦に敗れ、
岐部一族は住み慣れた国東半島を離れて肥後に移らざるを得なくなったと伝えられています。
これにより、岐部と家族の生活はさらに困窮の度を深めていったのではないでしょうか。


以上、「ペトロ岐部カスイ」が幼少期からすでに味わったであろう苦難を挙げてみました。


岐部が弟とともに長崎の神学校(セミナリオ)に入学したとき、彼は13歳で今の日本で言えば中学1年生です。もし、ひとりの中学1年生が既に幾多の苦難を経験しながら健全で優秀な少年に育っていたとすれば、それはその少年の家族と彼自身の不屈の努力の結果ではないかと私は先ず思います。


次回はセミナリオ時代です。


〈つづく〉













[PR]
by GFauree | 2015-03-31 14:29 | ペトロ岐部カスイ | Comments(0)

a0326062_08465620.jpg

                              (写真撮影 三上信一氏) 




-彼の生涯-



1.幼少期


・1587年、父岐部ロマノと母マリア波多の子として豊後国(現在の大分県)浦辺に生まれる。

父ロマノは、豊後国伊美地方の領主の一人であり、岐部一族の頂点に立つ岐部左近太夫の親族であり臣下であった。岐部左近太夫は大友宗麟の嫡男大友義統(よしむね)に側近として仕えた人物である。

1585年、岐部ロマノが府内(現在の大分市)のイエズス会に対し宣教師派遣を要請し、浦辺地方で140名の改宗が実現されたことが「イエズス会日本年報」の中に報告されている。

岐部の誕生と同年の1587年4月、大友義統は主要な領主・重臣のほぼ全員とともに受洗し、キリスト教に改宗したと伝えられている。ところが、そのわずか3か月後の7月、豊臣秀吉によって伴天連追放令が発令されると義統は一転して棄教し、1588年3月 家臣と領民に対しキリシタン棄教を命じた。

しかし、1589年度「イエズス会日本年報」のルイス・フロイスの報告には「岐部左近殿の妻は夫と善良なキリスト教徒である親族の岐部ロマンから、我らの聖なる教えのことを聞いてキリスト教徒になることを決意し・・・。」とある。


・1593年、秀吉による朝鮮半島への侵略戦争に参戦した大友義統が「臆病者」とされ改易されて豊後国を没収される事態が発生し、岐部氏一族も同時に所領を失ったと考えられている。


・1600年、関ケ原の役の後、大友義統は石垣原において黒田孝高の軍と戦って敗れた。

岐部左近太夫もこの合戦で亡くなり、岐部氏一族は逃れて、伊美・中村の円浄寺跡に隠れ住んだと言われている。


2.セミナリオ時代


・1600年、秋ないし冬に、長崎のイエズス会のセミナリオに入学する。

・1601年、セミナリオが移転したため残りの5年間を有馬で過ごす。

・1606年、セミナリオ修了時、イエズス会への入会を強く希望したが認められず、将来イエズス会に入る決意を表明する意味の誓願書を残したと考えられる。



3.同宿時代



セミナリオ修了後、正式(イエズス)会員ではない伝道士(カテキスタまたは同宿)としてイエズス会に雇用されヨーロッパ人宣教師の指図の下に働く生活を始める。

同年、筑前(現在の福岡県西部)秋月(現在の朝倉市の一部)のレジデンシアに配属される。
・1611年、甘木のレジデンシアに移り、秋月・甘木地方で活動する。



4.長崎-マカオ-ゴア-ダマスカス-エルサレム



1615年、長崎からマニラへ。同年秋、マニラからマカオへ渡る。

マカオでは、「カトリック要綱」やラテン語の講義には参加したものの、司祭になるために必要な哲学は受講させてもらえないなどの扱いに失望した日本人同宿グル-プの中に含まれていたと考えられる。

・1616年 11~12月、ミノエス・ミゲルと小西マンショと共にマカオからマラッカ経由インドに向かう。
1617年5月、ゴアに到着。
1617年 秋、ミノエス・ミゲルと小西マンショはゴアを出帆、リスボンへ向かう。

・1618年 9月以降、岐部、ゴアを出発、ホルムズ島を経由。
・1619年 2月頃までに、岐部、ペルシャ湾岸ウブツラに到着。
       4月半ば~5月、シリア・ダマスカスへ到着。

ダマスカスからゴラン高原を横切り、ヨルダン川沿いにガリラヤ湖岸経由、エルサレムに至る。



5.ローマ-リスボン



・1620年 5月中旬~6月中旬、ロ-マに入る。
       11月15日 「司祭職」を授けられ、ロ-マ教区の教区司祭となる。
       11月20日 イエズス会への入会を許可され、アンドレア修練院に入る。
              
・1622年 3月12日 イエズス会創始者イグナティウス・ロヨラとフランシスコ・ザビエルの列聖式に                    参加し、急遽帰国を決意する。

・1622年 6月6日 ロ-マを出発。
       9月7日 ポルトガル、エボラ着。
            数日後、リスボン着、市内オリヴェテ山修道院に入る。



6.リスボン-ゴア-マニラ-マカオ-シャム-マニラ-坊ノ津-長崎



・1623年3月25日  リスボンを出発 

・1624年5月28日  インド、ゴアに到着。
      8月     マニラに着く。
      10~11月 マカオに着く。

・1627年7月   マカオからマラッカ行の船によりシャムへ渡航。             

(日本に帰航する朱印船や中国船に乗船しようと2年間その機会を待つが、結局その機会は得られず。)

・1629年7月 アユタヤからマニラへ渡る。

・1630年6月20日前後 ルパング島を出発。
      7月中旬    薩摩の坊ノ津へ到着し、長崎へ向かう。




7.潜伏から捕縛、焼殺まで



・1639年5月 仙台藩において捕縛され江戸に護送される。
         尋問と説得の後、「穴吊るし」の拷問が加えられ、焼殺される。





-彼の生涯について、思うこと-





こうして、彼の身に起きた事柄を列挙しそれを俯瞰してみるとき、まず私たちが想うのは、禁教令による出国から聖地エルサレムを経てロ-マに至るまでの5年間の道程の途方もない困難さではないかと思います。

そして、次に想うことは、ついに司祭職を得たロ-マでの晴れがましさの一方で、禁教・迫害の激化する日本へ戻っていくことを決心したときそしてそれからの心の動きでしょう。

さらに、日本へ帰り着くための7年間の波乱に満ちた道程、帰国してからの9年間の潜伏生活、その後の捕縛・尋問・拷問の間に、彼はいったい何をどう思っていたのかということが知りたくなります。

このように、彼の生涯について私が想うことや知りたいことは、出国してから惨殺されるまでの約25年間に集中していましたが、結局それは「その期間の苦難の連続の中でなぜ彼が挫けなかったか」という疑問に関係しています。それが私にとって最大の疑問だったということになります。

そこで、私はその「なぜ挫けなかったか」という疑問について考え始めました。そして、気付いたことは、「彼の苦難は1615年の出国の時点のもっと前からあったのではないか」ということです。

そういう観点から、私は彼の同宿時代・セミナリオ時代・幼少期を見直してみました。
すると、既にそれらの時期から彼が相当の苦難を経験し、またそれを克服することで稀にみる強靭な人格を形成していった可能性があることが見えてきたのです。

それは、資料的な根拠のある話ではありません。そういう意味で「歴史」とは言えない「仮説の塊」みたいなものでしょう。でも、将来どなたかが立証して下さるかも知れません。

次回、それをご説明したいと思います。



つづく



[参考文献]

「大航海時代と日本」 第五 殉教者ペトロ岐部カスイ神父の生涯 五野井隆史著 渡辺出版
「ペトロ岐部カスイ」 五野井隆史著 大分県教育委員会 大分県先哲叢書

        


[PR]
by GFauree | 2015-03-24 08:11 | ペトロ岐部カスイ | Comments(0)

a0326062_03510753.jpg


1.「ペトロ岐部カスイ」についての新聞記事


これは、昭和39年8月12日付東京新聞(ラジオテレビ版)記事の切り抜きです。
昭和39年つまり1964年の8月と言えば、約50年前の東京オリンピックの2か月前ということになります。

ちなみに、右上の「東京新聞」「第二部」という表示の下の小さな記事は、「フジテレビが翌月からカラ-・テレビの放送を始める」というもので、この時点で「フジテレビはまだカラ-ではなかった」ということが分ります。

さて、問題の記事の内容ですが、「近く“列聖”されることが有力視されている『ペドロ・カスイ岐部』をモデルにしたテレビドラマ制作の注文が放送作家 並河亮氏に、西ドイツ・ケルン・イエズス会から寄せられた」というものです。

今回改めて読んでみて、この記事にはところどころに間違いがあることに気付きました。例えば、「ペドロ・カスイ岐部が近く”列聖”されることが有力視されている」と書かれていることです。


カトリック教会が、信者の死後その徳と聖性を認めて福者(Beato)の称号を与えることは”列福”と呼ばれ、この福者に対し調査を行って聖人(Santo)として認めることを“列聖”というのです。ペトロ岐部カスイが“列福”されたのは、この新聞記事からなんと44年後の2008年のことで、“列聖”の調査はこれからということになります。

それから、“海賊の子でキリシタン武士”などという言葉も興味を引くためのものでしょうが、飛躍がありますしジャ-ナリスティックで鼻につきます。

ただ、どういう事情があったのか、こういう地味な内容がラジオテレビ版とはいえ一般紙で大きく採りあげられていること自体、不思議な感じがします。この時代、日本の社会全体が地味でまじめなものを採りあげる風潮がまだ強かったということなのか、などと考えます。



2.私がこの新聞記事の切り抜きをもっているわけ



この記事が掲載された昭和39年には、私は高校1年生でした。
私が父親から、「ペトロ岐部カスイ」の話を最初に聞いたのは、その前年の中学3年のときです。

父の話は、「江戸時代のはじめに、神父になりたくて独りでロ-マに行った男がいた」ということだったと思います。そのとき、『キリシタン人物の研究』H・チ-スリク著(吉川弘文館)も見せられました。それは、キリシタン時代の岐部を含む3人の日本人司祭の伝記が書かれた本です。

その本の中の岐部自筆のラテン語書簡(1623年2月1日付)の写真も見て、確かにそういう人物がいたらしいことは納得しました。けれども、それ以上考えることはありませんでした。そして、1年後に件の新聞記事を見せられたのです。

その後、遠藤周作が書いた「ペトロ岐部カスイ」の評伝『銃と十字架』が出た1980年ごろ、父のところから上述の『キリシタン人物の研究』を借り出して、それを読んだまま持っていたのです。そして、最近、そこに挟んであった新聞の切り抜きを見つけたというわけです。

私は自分の父親と親しく会話をした覚えというものが殆どありません。この、「ペトロ岐部カスイ」の話以外には父から何か聞いた覚えは余りないのです。でも、それが変なことだとは思っていませんでした。普通の親子というものはそんなものだろうと思っていたのです。

それが、50年以上経った今になって、「どうして父はこと『ペトロ岐部カスイ』については話をしてくれたのだろう」と、ときどき考えるようになっています。



3.キリシタン時代への関心は「ペトロ岐部カスイ」から


私は15~6年前、50歳になった頃からキリシタン時代史に関心を持つようになりました。きっかけは、「ペトロ岐部カスイ」です。

伝えられている「ペトロ岐部カスイ」の生涯を要約すると次のようになると思います。

「大坂の陣」の直前の禁教令を機に1615年頃出国し、5年後にロ-マに到着し司祭となる。3年後にリスボンを出発、その7年後に帰国、9年間 国内潜伏後捕縛され拷問を受け殉教。

これを見てわかるように、彼こそ模範的な信者であり理想的な聖職者であるように思えます。従って彼について語られるときは一般にひたすら最大級の賛辞で飾られることが多く、リアルな人物像が結べず当惑してしまいます。

一方、彼の態度が「“盲目的”信仰に徹することの出来る純粋さ」と評されているケ-スがあります。

さらにはどう評価してよいか苦慮した結果でしょうか、彼を「キリシタン冒険家」と表現しているケ-スさえあるのです。いくら冒険的な生涯であったにせよ、殉教した宗教家に対して「冒険家」はないだろうと思うのです。

こう言う私も、「ペトロ岐部カスイ」をどう考えるかについて、ずっと答えを出せずに来ました。けれど、退職して現役を離れたことや、当地にきたことや、年齢を重ねたせいか、この件についてある程度自分の考えが出来てきたような気がしています。

岐部の生涯についての最大の疑問は、「なぜ彼は幾多の苦難にも挫け(くじけ)なかったか」ということではないかと思います。そこで、今回その疑問に対する答えを考えてみることにしました。「なんだ、そんなことを考えたのか」と言われてしまいそうですが、敢えて私の考えを書いてみよう思います。

そのために、先ずは次回、彼の生涯を簡潔に見直したいと思いますのでお付き合い下さい。


つづく


































[PR]
by GFauree | 2015-03-21 11:16 | ペトロ岐部カスイ | Comments(0)





a0326062_22101227.jpg


                                         (写真撮影 三上信一氏)




12月に行われた日本語能力試験の結果が出ました。

私の4人の生徒たちも、この試験を受けました。合格した人も、合格できなかった人もいます。

3年前、日本語を教え始めたときは「日本語能力試験」には関わらないつもりでした。

ひらがなの読み方・書き方から始めた自分の生徒たちが試験を受けるようにまでなるとはとても想像できなかったし、また変に期待させてはいけないと思ったからです。

でも、生徒たちが予想以上に頑張って続けてくれるのを見るうちに、「試験」という具体的な目標があった方が良いのではないかと思うようになり、生徒に話すと積極的な反応でした。

受験させる以上は、それなりの準備が必要です。
日本から受験用の参考書や問題集を取り寄せて、復習の授業をしたり模擬試験をやらせたりしました。

ですから、合格が判ったときの嬉しさはひとしおでした。
けれど、私がもっと嬉しかったのは合格できなかった生徒の反応です。

私の4人の生徒のうち3人は、もう大学を卒業して働きはじめたか、大学に行きながら働いている人です。ですから、私のところに習いに来るときはかなり疲れているのが分ります。それに、予習していないのが分ると私の機嫌が悪くなるのを知っているので予習もしてくるのです。なぜそこまでして日本語を習うのかと言えば、「自分の将来の一端を日本語に賭けているから」ということだろうと私は考えています。

新しく始めた仕事がたいへんだったり、個人的につらい事情があったりしているのをこちらも感付いていて「休んでもいいよ」と言いたくなる時もありますが、それは言えません。せっかく本人が頑張っているのに水を差すわけにはいかないからです。

それで、私は日頃から生徒たちに「それぞれ、人によって事情が違うのだから結果は問題にしない。どれだけ努力しているかだけを問題にする。」と言って来ました。

今回合格できなかった生徒については、もうこれでやめてしまうのではと心配していました。ところが、私が日頃言っている言葉をもちだして、まだ続けると言ったまま、そのあと何事もなかったように通って来ています。

私は、困難な条件のために思わしい結果が出ないままやめないでくれたことで正直なところほっとしました。でも、ほっとする以上に、私が言って来たことを正面から受け留めてくれたことが分って嬉しい思いをさせて貰ったのです。

仕事でかなり疲れているのに勉強をしに来る生徒たちに感心している私に、妻は「この国の若い人はそういう人が多いから」と当然のことのように言うだけです。









[PR]
by GFauree | 2015-03-04 15:37 | 日本語個人教授 | Comments(0)

南米ペル-の首都リマに暮らす団塊世代男が、「大航海時代」とそれ以降に展開された歴史について、思うところを綴っています。カテゴリ-の欄に、過去の記事を、テ-マや人物ごとに分類しています。ご自分の興味のあるカテゴリ-を選んで読んで頂ければ幸いです。